口腔外科では

皆さんは、口腔外科に行ったことありますか?
歯医者に通っていると、「これからの治療はここでは無理だから、口腔外科を紹介します。」と言われて、「航空?」と一瞬勘違いしてしまいそうなぐらい、あまり馴染みがないかと思います。
普段の生活では、親知らずの抜歯や口の中を切ってしまったという時、入れ歯を作る時に口腔外科を利用する時があるかもしれません。

口腔外科は、虫歯や歯周病以外の、口腔つまり口の中や、あご、顔面に及ぶ疾患を取り扱うところなのです。
つまりは、口の中のトラブルは全て口腔外科で行うということで、親知らずが他の歯に影響出てしまうとこから出たり、虫歯なで抜歯した後に入れ歯を入れて安定するまでの間などで利用することがあります。
その他にも、顎変形症や唾液腺疾患や口臭症なども扱います。

また、歯並びや入れ歯の影響で上手く話せなったり、うまく食事が出来ないといった障害や、審美的に問題があるケースもあります。
このようなトラブルは、日々の生活に大きな問題を抱えるのは勿論、対人関係の悪化やコンプレックスとしての自信喪失で、健康的な生活がおくれないことがあります。
親知らずのトラブル、入れ歯のトラブルなどを解消して、再び健康的な生活がおくれるようにするのが口腔外科の大きな仕事です。

現代人のあごは小さくなってきています。理由は様々ですが、大きな理由として咀嚼回数の減少が影響があると言われています。
堅いものを食べずに柔らかいものを食する傾向が強まった為に、小さな下あごになった人が増えてきて、歯並びが悪くなり、親知らずのトラブルも増加してます。
歯は大事な一生ものです。お口のトラブルは早めに解消しておきましょう。

イチ押しリンク

知らないうちになってしまっている歯周病は宝塚のクリニックで治療することをオススメします。予防にも力を入れているので再発もしっかり防止出来ますよ。